【もちつきのやり方(1)】 餅つき前日の準備

餅つき用具のみレンタルされた方や、器材はお持ちの方にもお役立ち!
20年間お餅つきを行っているプロがお餅つきの方法を解説します。

もち米を洗米し、たっぷりの水につけておきます。

十分に吸水させてください(最低でも8時間)。

臼・杵をよく洗い、一晩、水につけておきます。

乾燥していますので、水に馴染ませてください。
前回の使用が1年前という場合などは、熱湯消毒を、3~4回繰り返してから使用する方が良いでしょう。

せいろ布巾は、熱湯消毒し、干しておきます。

あんこ・きなこなど食材の準備も、前日に済ませておけば安心です。

きなこ、砂糖はザルでこすと、キメが細やかになり食感も滑らかになります。
きなこ、砂糖の比率は、1:1.5程度がよいでしょう。
あんこは、お湯を足して少しのばすと、お餅にからみやすくなります。

本記事に登場する道具類はレンタル可能です!

おすすめ記事

  1. 2017/1放送 NHK 陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙~ …
  2. お餅つきでノロウイルス感染はありえる!?症例と予防策を徹底解説

関連記事

  1. 【もちつきのやり方(2)】 餅つき当日の準備
  2. 【もちつきのやり方(3)】後片付け
  3. 美味しく手軽にお餅つき!電動餅つき機「ぺったんこ」の使い方を解説…
  4. レンタルで借りたけどどうやって使うの?!餅つきの前の準備は?臼・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP